「海外挙式って素敵だけど、きっとすごくお金がかかるんだろうなぁ」
きっと多くの方がこのように「海外挙式=高い」とイメージされているのではないでしょうか。実は、海外挙式は必ずしも費用が高額になるわけではありません。むしろ、うまく申込むことができれば、驚くほどお手頃な価格で憧れの海外ウェディングを実現させることも夢ではありません。今回はウェディング業界で10年のキャリアを持つ筆者が、海外挙式をお得に申込む方法を皆さんに伝授します!

海外挙式が高いのは旅行代金とセットで考えるから!


海外挙式の中でも人気の高いハワイウェディングの費用相場は200万円と言われています。「え?やっぱり高いじゃん!」と思った方、ちょっと待ってくださいね。この金額には、下記の2点が含まれています。

・ハワイでのハネムーン費用(航空券・ホテル代)
・ハワイウェディングの費用(挙式代金・衣裳・ヘアメイク・フォトツアー・挙式後パーティなど)

そもそも、ハネムーンとひとくくりにするには無理があるほど、その内容はカップルによって大きく変わります。滞在日数や宿泊ホテル、そして選ぶ渡航時期によって価格は大きく変動します。また、挙式に関しても同じことが言えます。ゲストのいない二人挙式と、家族を招待して挙げる結婚式では、かかる費用に大きな差が生まれます。

ですが、まずここで皆さんに理解していただきたいのは、「ハネムーンの金額をセットで考えることで金額が高額に見える」ということです。海外挙式そのものの平均費用は100万円ほど。そしてこれも抑えようと思えばまだまだ予算を下げることが可能です。

まずは、海外挙式が一般的に高額であると思われている理由が、ハネムーンの金額と合算しているからであることを理解しておく必要があります。

海外挙式をお得に申込むなら8月9月もしくは1月2月に申込むべき!


これは、ウェディングの業界に携わったことのある人なら誰もが知っていることですが、ウェディング業界では、国内も海外も「新規申込み獲得に注力する時期」があります。その時期には大幅な割引プランが販売され、普段とは比べ物にならないほどお得な価格で挙式プランを申込むことが可能です。

「海外挙式を検討しているけれど、予算がタイトでなかなか申込めない…」と悩むカップルの皆さんには、ぜひ申込みのタイミングを8月9月もしくは1月2月にすることをおすすめします。お盆明けと年末年始明けのこのタイミングこそ、全ウェディング会社がこぞって「格安プラン」を一斉に販売するときです。年間を通しても、これ以上にお得な申込みができるケースはほぼ無いと思って良いでしょう。

お得な挙式プランをゲットするコツ


お得な割引プランが申込める時期に、それを逃さず確実にゲットするためには、3つのコツがあります。ここでは、少しでも安く海外挙式を申込みたいと考えるなら、絶対に知っておくべき3つのコツについて紹介します。

コツ①セール時期の前に挙式日をある程度絞り込んでおく

セールで申込む場合には、その前に「いつ結婚式を挙げるのか」をある程度絞り込んでおく必要があります。いざ好みの結婚式場が見つかって、良い条件で申込みができる状況になったとき、「でも日程が分からないから今は決められない…」と機会を逃してしまうのは非常に惜しいです。その場で即決できるよう、日程を考えておきましょう。

このとき、なるべく申込みのタイミングから近い日程を挙式日として設定する方が、お得なプランを申込みやすくなります。(これに関しては後ほど説明しますね)

コツ②セール時期の前に両親に海外挙式に申込むことを先に伝えておく

セールで割引されている挙式プランで申込む段階で、「そういえば親に報告してないから勝手に申込むとまずいかも…」と即決できなくなるケースは多いです。セールプランを申込む場合には、あらかじめ両家の両親に報告し、承諾してもらっているのがベストです。

セールの時期は、式場が予約で埋まるスピードがとても速く、候補にしている式場や日にちがすぐに埋まってしまい悔しい思いをするケースも多々あります。すぐに予約ができるように準備を万全にしておきましょう。

コツ③セール時期の前に挙式を挙げたいエリアを決めておく

海外挙式には、さまざまなエリアがあります。ハワイやグアム、ヨーロッパやバリなど、魅力がたくさん詰まったたくさんの方面の中から、挙式を挙げる舞台をどこにするのかを事前に決めておきましょう。セールは早いもの勝ち!迷っている間に「先着〇組様限定プラン」などの目玉商品はどんどん売れていってしまいます。

チャンスを逃さないよう、決められるところは先に決めておき、そのエリアのプランからスピーディーに決められるようにしておくとスムーズです。

セール時期に限らず海外挙式を少しでもお得に申込む方法

セール時期に申込むことで格安なパッケージプランなど、かなりお得なプランを見つけることができるメリットがある旨はお話しした通りです。ですが、中にはその時期にどうしても決定できない事情がある場合もあるでしょう。ここからは、セール時期に限らず少しでもお得に海外挙式を申込む方法を紹介します。

方法①なるべく直近の日程で挙式を申込む

海外挙式は少人数のウェディングもしくは新郎新婦だけの二人挙式であるケースも多く、準備にそれほど時間や手間がかからないのが魅力でもあります。裏を返せば、割と直前の申込みでも問題なく結婚式はできるため、国内での結婚式のように、かなり前から予約しておく必要はありません。

直近の申込みであれば大幅な値引きをしてもらえるケースが多いです。これはウェディング会社としても、なるべく直近で予約が空いている枠は販売してしまいたいと思っているからです。そのため、時期にそれほどこだわりが無ければ、なるべく近い日程で結婚式を挙げるよう調整してみることで大幅な割引がゲットできることも多いためおすすめです。

方法②旅行代金が上がる「ハイシーズン」を避け「オフシーズン」を選ぶ

渡航先がどこであれ、必ず旅行代金が高くなるハイシーズン、安くなるオフシーズンはあります。海外挙式にかかる費用の中でも大部分を占める旅行代金を抑えることができれば、その分費用総額を抑えることが可能です。ハイシーズンやオフシーズンについて、調べるのが困難な場合には旅行会社のカウンターで直接話を聞くのが一番です。いつ頃に行くのが一番リーズナブルなのかを調べ、その時期に合わせて海外挙式を計画していきましょう。

方法③値切り交渉をしてみる

値切り交渉というと、「ちょっと勇気ないかも」と二の足を踏んでしまう方も多いかもしれませんが、意外とあっさり値引きをしてもらえる可能性もあるため挑戦してみる価値はあります。ウェディング会社も一組でも多くのカップルに結婚式を挙げてもらいたいと考えているため、多少の値引き交渉には応じてくれることが多いです。
一番簡単な方法としては、「他社と比較検討している」と伝えた上で、価格交渉をすることです。実際に他社の見積りを持ち込んで交渉するのも良いでしょう。時と場合によりますが、数万円程度の値引き交渉はそれほど難しくありません。

まとめ

海外挙式というと費用が高額で手が出ない!と先入観を持つ人も多いですが、申込み方でかなりお得に申込むことができるため、一概に「高額」であるとは言えません。特に年に2度のセール時期には、驚くほどにお手頃な特別プランが販売されるため、この時期に申込めば想像していたよりも格段にお安く海外挙式を実現させることも可能です。

お得な条件で申込みをするためには、事前準備がとても大切です。いざ目の前にお得なプランを見つけたときには、即座に申し込みができるよう、あらかじめ準備をしておきましょう!海外挙式は非日常を味わえる最高のウェディングスタイルです。一生に一度の結婚式、特別感を存分に感じられる海外挙式を検討されてみてはいかがでしょうか。

文/mayu Twitter@webwritermayu